1億年ぶりに蘇る細菌と氷河から発見される遺体

【1億年ぶりに蘇る細菌】 このほど凡そ1億年前の白亜紀、恐竜の全盛期であったろう時代の細菌の培養に成功した。 人類の歴史が600万年から700万年前と言われているので、それよりも遥か前に存在した微生物が海底から1億年ぶりに息を吹き返したことになる。低温の南太平洋の海底深くから現代に蘇った細菌は日本の海洋研究開発機構や大学と米国の大学の研究プロジェクトにより発表された。 【氷河から発見さ…

続きを読む

スポンサーリンク

人気記事