【速報】NASA地球に似た7つの惑星発表後エイリアン!推測まとめ

日本時間2月23日午前3時からのNASA記者会見中継により39光年先の恒星プラネット1に太陽系外惑星7つも発見とのビックニュースとなりました。

記者会見概要は【速報】NASA重大発表とは?地球に似た39光年先に太陽系外惑星発見!に於いて前述しましたので、まだの方はこちらも参照して下さい。非常に多くのアクセスを頂いております。
今回はその後の見解をまとめて、より詳細にエイリアンの存在を推測して地球に似た7つの惑星に触れたいと思います。

いつものNASA記者会見、少なくとも前回の木星の衛星エウロパの水噴出よりも予想に反して大幅に盛り上がり、当初よりエイリアン発見の件ではないとしながらも、よりエイリアンの存在を肯定するかの会見ともなり、記者会見後の各国の宇宙研究者のコメントからも、今迄の宇宙研究に対して明らかな違いを匂わせるものとなりました。
当日のニュースでも地球に似た惑星が7つも発見されるという見出しで各局が取り上げていました。
image.jpeg
太陽の0.08倍程の質量で且つ熱エネルギーにいたっては0.001倍程しか発しない恒星プラネット1ではあるものの、惑星の公転軌道が全体的に恒星寄りな為に、プラネット1側から最も近い公転軌道の1b惑星と2番目の1c惑星はともに高温の為に水が液体では存在しないという点。

よってプラネット1側から数えて、3番目の1dと4番目の1eと5番目の1fに水が液体で存在し得るとされました。
残りの6番目と7番目は熱エネルギーが届きにくく水が固体で存在する極寒の惑星ということになります。
また、興味深いのは最も地球外生命体の生存が期待される惑星は5番目の1fであることとなります。以下の図.1を参照。

恒星 1b 1c 1d 1e 1f 1g 1h
🔴 → ◉ ◉ |◉ ◉ ◉| ◉ ◉
〈1d 1e 1fに水が液体で存在〉
ー図.1ー


生物生存可能なハビタブルゾーンである条件を満たすべく惑星の構成が岩石という点も然り、もう1つの気になる条件は大気圏があるかどうか。

この点については我々の太陽系(地球)から比較的近い距離である為に、惑星の大気を調査可能であり、同時に生物の吐いた呼気の分析も可能となります。具体的に既に稼働中のハップル宇宙望遠鏡がこのミッションを進めていきます。

視覚による確認を待たずに地球外生命体或いはエイリアンの存在をも解析出来たとするセンセーショナルな記者会見も間近と思われます。

予測ではトラピスト1の赤外線の影響等から、地球上の生物とは全く別物の特徴を持つ生物の可能性が高いとのこと。
まさに容貌もエイリアンそのものが存在していても何ら疑問は無い訳です。

仮にエイリアンが地球人のように高度な社会を形成していたとして、惑星の公転周期はたったの1日半から3週間程度であり、一年が365日の地球人に対して極めて短い周期からも生活様式そのものも忙しないものとなっているのか、エイリアン推測も尽きない惑星となります。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

人気記事