【大相撲速報】H29春場所七日目結果 稀勢の里と高安は!琴奨菊も

さて、昨日の振り返り・・・

横綱白鵬に続いて、大関豪栄道も休場となった昨日の六日目。
しかしそれだけではなく、一敗で横綱稀勢の里を追う鶴竜が松鳳山から金星を奪われて二敗目となりました。
まさに大波乱の春場所。

黒星先行で決して快調とは言えない松鳳山でしたが、まさか鶴竜に土が付くとは想定外。
これで、休場の白鵬を除いた三横綱の中で六連勝の稀勢の里は独走状態が鮮明となり、日馬富士と鶴竜がともに二敗で追う形。既に今の稀勢の里が二敗となる可能性はゼロに等しいものか。

横綱として初の今場所の相撲内容は大方の予想を裏切り、申し分ない稀勢の里。弟弟子の関脇高安も同じく六連勝と良い相撲内容。
お互い優勝に向けて本日も連勝を重ねて貰いたいところ。

また本日の注目の一番は何と言っても、鶴竜に土をつけた松鳳山と、大関返り咲きを狙う琴奨菊。
十八番のガブりの切れ味も良く、相撲内容は悪くない琴奨菊も、昨日までで既に二敗。十勝以上を危なげなく狙うには前半に、これ以上の黒星は避けたいところ。
image.jpeg

注目の対戦結果は・・・

・十両は・

安美錦と大奄美は、寄り切って安美錦の白星で五勝二敗。

・幕内戦は・

返り入幕の徳勝龍と大翔丸は、ともに四勝二敗どうし。対戦成績は全て大翔丸の白星。
押し出して徳勝龍の白星。大翔丸は中に入れず。
明日の八日目は徳勝龍は旭秀鵬、大翔丸は錦木。

注目の一番、貴景勝と新入幕の宇良はともに三勝三敗どうし。分の悪い宇良。身長は互角も体重は数十キロの違い。宇良は中に入れず突き返され凌ぐも、押し出して貴景勝の白星。
明日の八日目は貴景勝は栃ノ心、宇良は琴勇輝。

佐田の海と怪我の多い旭秀鵬は、上手を与えず寄り切って佐田の海の白星。これでともに二勝。
明日八日目は佐田の海は輝、旭秀鵬は
徳勝龍。

注目の一番、錦木と石浦はともに三勝三敗どうし。対戦成績は石浦に分があります。体の硬い錦木はどういう相撲内容となるか。
いなして下手から、下手ひねりで鮮やかに石浦の白星。
明日の八日目は石浦は妙義龍、錦木は大翔丸。

大栄翔と千代皇は、初顔合わせ。大栄翔は三勝、千代皇は二勝。
大栄翔は立ち会いから突き放すも、寄り切って千代皇の白星。
明日の八日目は千代皇は栃煌山、大栄翔は隠岐の海。

栃ノ心と妙義龍は、ともに二勝どうし。立ち会い変化ではたき込んで栃ノ心の白星。脚を痛めた栃ノ心の計算か。
明日の八日目は栃ノ心は貴景勝、妙義龍は石浦。

平幕で唯一の無敗六連勝中の栃煌山と隠岐の海は、左足に古傷を抱える栃煌山は四年の三役経験で30歳。
一気に押し出して隠岐の海の白星で五勝目。栃煌山は相撲を取れず平幕全勝力士はいなくなりました。
明日の八日目は隠岐の海は大栄翔、栃煌山は千代皇。

魁聖と輝は、寄り切って輝の白星。
解説の北の富士氏曰く、昨日から十両陥落を避ける為に場所復帰した魁聖も、相撲が取れる状況ではないとのコメント。輝は二勝目。
明日の八日目は輝は佐田の海、魁聖は逸ノ城。

逸ノ城と琴勇輝は、逸ノ城は三勝、琴勇輝は一勝。一気に突いて突き出して琴勇輝の白星。
明日の八日目は琴勇輝は宇良、逸ノ城は魁聖。

遠藤と千代翔馬は、遠藤は三勝、千代翔馬は五勝。千代翔馬の上手を切って、上手出し投げで遠藤の白星。
明日の八日目は遠藤は北勝富士、千代翔馬は宝富士。

北勝富士と荒鷲はともに一勝どうし。
上手から寄り切って北勝富士の白星。
明日の八日目は北勝富士は遠藤、荒鷲は千代の国。

35歳の嘉風と千代の国は、嘉風は三勝、千代の国は四勝。
嘉風攻めるも土俵際、回り込んで引き落として千代の国の白星。
明日の八日目は千代の国は荒鷲、嘉風は碧山。

三勝の碧山と五勝の宝富士は、呆気なく引き落として碧山の白星。
明日の八日目は碧山は嘉風、宝富士は千代翔馬。

さて、注目の一番は負けられない琴奨菊と昨日金星の松鳳山は、一気にガブッて寄り切って琴奨菊の白星。
辛口の解説 北の富士氏は当初の琴奨菊の大関返り咲き否定論を訂正・・・
明日の八日目は琴奨菊は蒼国来、松鳳山は稀勢の里。

注目の一番、蒼国来と全勝中の高安は、一気に弾いて突き出して高安の白星。すごい相撲内容迷い無し。
明日の八日目は高安は勢、蒼国来は琴奨菊。

大化け32歳の玉鷲と一勝の勢は、玉鷲は四勝。激しい突きで、押し出して玉鷲の白星。これで五勝目。
明日の八日目は玉鷲は豪風、勢は高安。

豪風と照ノ富士は、右オツからつり出して照ノ富士の白星。
明日の八日目は照ノ富士は御嶽海、豪風は玉鷲。

貴ノ岩と鶴竜は、はたき込んで鶴竜の白星で五勝目。
明日の八日目は鶴竜は正代、貴ノ岩は日馬富士。

注目の一番、御嶽海と全勝中の稀勢の里は、左オツ巻き替えて寄り切って稀勢の里の白星。
落ち着いていました今日も。
明日の八日目は稀勢の里は松鳳山、御嶽海は照ノ富士。

結びの一番、四勝の日馬富士と三勝の正代は、寄り倒して日馬富士の白星。
明日の八日目は日馬富士は貴ノ岩、正代は鶴竜。

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事