【マスターズ速報】2017年最終日ファイナルラウンド結果!松山プロは?ガルシア!

さて昨日の振り返りは・・・

なんとか2オーバー維持で18番を終わりかけた時に、まさかのダブルボギーとなり、やる気が失せてしまったとのコメントを発して、憔悴しきった一人の青年の表情を見せた松山英樹プロ。

なかなかバーディを出せない場面が続くも、15番ようやく初のイーグルを決めて耐えたサードラウンドも、なんという結末になってしまったか、多くのゴルフファンもまさに絶句。



しかし原因となったパッティングの不調を改善すべく、昨日もラウンドを終えた後はパッティンググリーンで、すかさず練習。
更に納得いくまでホテルには帰らずパッティングの練習をして、且つ心の整理をして気持ちを切り替える必要があります。

既にトップタイのスコアを見ると、何度もマスターズ優勝に挑戦する、婚約をした37歳のスペイン人セルヒオガルシアとジャスティンローズをはじめ6アンダーの高みともなる中、トップを維持し続けた40歳のアメリカ人チャーリーホフマンは後半にスコアを大幅に落とし4アンダーとしました。

またリッキーファウラーはよく耐えて二位の5アンダーで追います。
グリーンジャケットが見えてきたか。

1オーバーを狙うか2オーバーを維持するかに思えた矢先にダブルボギーで最後スコアを落とした松山英樹プロのショック、ダメージも計り知れません

もう初Vの可能性は限りなくゼロに近い状況となっているというのは過去の前例からも濃厚とはなりました。
しかし勝負を捨てた時点でそれが確実となります。

望みは捨てずバーディ、イーグルを爆発してもらいたいところですし、現在28位タイから3年連続トップ10入りを狙うのも当然あり。

勿論明日の松山英樹プロがパッティングの振れを改善出来れば奇跡的なスコアの伸びが出ても、全くあり得なくは無い訳ではあります。

トップタイ比10スコアの差を奪還出来るか!
もし出来たなら8スコア差で逆転という過去の輝かしい記録も塗り替える訳ですが。

本日のオーガスタナショナルゴルフクラブは昨日に引き続き快晴で風も最も穏やか。松山プロラウンド時は気温22℃風速は1m南南東。
IMG_5138.JPG

注目のラウンド経過と結果は・・・
現地時間の深夜1時15分スタート!

〈〈松山英樹プロ〉〉

1番はティーショットはフェアウェイセンターに。過去3日間で最も良いショット。ピッチングで二打目は過去3日間で最も遠い位置か。パーパットセーブとなりました。

2番はティーショットは素晴らしい飛距離と位置に。アイアンショットはグリーンにのってきました2オン。バーディチャンス。やりましたバーディ決めました。

3番はティーショットはアイアンで。本日はスイングに軸が出来ており期待できます。あまりバックスピンは効かしたくないとこ。二打目バーディチャンス!惜しくもパーパットセーブ。

4番はフォローの風。ティーショットはアイアンで。距離はありますがバーディパットも決まらずパーパットセーブをしっかり決めました。

5番はティーショットはフェアウェイのセンターに良いところに来ました。二打目も良い位置にのせました。
さぁバーディパットは8m程。嗚呼っ!もう少し決まらずパーパットセーブ。

6番はティーショットはアイアンで。ちょっと離れてしまいました。バーディならず1.5mくらい。パーパットセーブならず初ボギーに喫しました。

7番はダブルボギー二つにボギー一つの苦手を克服出来るか!ティーショットは左寄りに。二打目は素晴らしくピンに寄せました。良い流れを作って欲しい。ヨシ!バーディ決めました。

8番はセカンドショットはちょっと引っかかりました。芝生の切れ間からサードショット。
嗚呼っ!ピンに当たって入ったか?ギリギリ入らなかったが歓声。
もう少しでイーグルだった連続バーディを決めました!バーディ3つ。

9番はティーショットは若干外しました。2mくらいのパーパットセーブ。



10番はティーショットは大丈夫そう。セカンドショット6番か7番でいいところに寄せました!4つ目のバーディ決めました!
悪いものを昨日全部出し切ったか。

11番はティーショットはフェアウェイに。セカンドショットはもう少しピンに寄せたかった。15mくらいのバーディパットも弱かった。なんと2つ目のボギーに喫しました。

12番はティーショットは8番くらいのアイアン。ちょっと距離が短いか。ナイスアプローチ。パーパットセーブ。
なかなかバーディ連続とはいかないのか。

13番はティーショットは木に当たるもツーオン!イーグルチャンスは4〜5m。嗚呼っ!しかしもう少しのところ。でもカップインバーディ!これで5バーディ。トップ10が見えてきたか。

14番はティーショットは少し右だけど大丈夫。セカンドショットは9番アイアンくらい、もう少し距離が欲しかった。バーディトライはならずパーパットセーブ。

15番はイーグル狙いのチャンス!ティーショットは7番か8番アイアン。今日もイーグルいける!2.5m入りそう・・嗚呼っ!左に抜けた!でもバーディ決めました!これでイーブンパー17位。

16番はバーディチャンスも決まらず、パーパットセーブ。

17番は素晴らしいショットでバーディチャンス!バーディ決めました。これでアンダーパー!

18番は昨日の悪夢・・気を抜けません。ティーショットは手前のバンカー。しかし2オンしたい。バンカーからのラインはちょっと悪かったか?見事なアプローチでパーパットセーブで67で終了。ナイスラウンド!

松山英樹プロの長かった4日間が終わりました。
5つ挽回して結果は1アンダー。
流石は世界ランキング4位のプロであり、昨日の不調を吹き飛ばす内容のゴルフにリカバリー出来ました。これも一流の証。本人コメントはショットも安定していたとの感想で顔に生気が戻りました。次のマスターズは初Vを!

松山英樹プロのラウンドが終わった後の動きは・・・
・誰がマスターズ2017 の優勝となるか?→苦労人ジャスティンローズと神の子と言われたセルヒオガルシアに絞られたか。→ついに15番で共に9アンダー!接戦→16番でジャスティンローズは10アンダー、セルヒオガルシアはパーパットセーブで9アンダー変わらず。→17番でジャスティンローズがボギーで9アンダーに戻り、セルヒオガルシアはパーパットセーブで9アンダー変わらず、共に9アンダーに!→18番は手に汗握ります。二人とも凄いショット!→二人とも9アンダーで終了!→どちらがグリーンジャケットに⁉︎→勝負はプレーオフへ。もう一度18番で勝負をして決着をつけます。→再度18番はティーショットはセルヒオガルシアがフェアウェイで有利、ついにセルヒオガルシアはナイスショット。ジャスティンローズは3打目でオンでボギーとなりました。セルヒオガルシアがバーディで決めてマスターズ初Vに!!!!!!!

・最終的に松山英樹プロはトップ10以内に入るか?→厳しいか。

・マットクーチャーが本マスターズ初のホールインワンを16番で決めました。スコアは5アンダーに。

・独走のイギリス人のジャスティンローズは13番で8アンダー。14番で8アンダーかわらす。15番でバーディで9アンダー。16番でバーディで10アンダー。→17番でジャスティンローズがボギーで9アンダーに戻り→18番は抜けた!パーパットセーブで9アンダーで終了!

・12番で6アンダーのセルヒオガルシアは後半連続ボギーと次々に厳しいスパイラルになってきました。一気に流れが変わる。しかし14番にバーディで吹き返して7アンダーに。15番でイーグル!9アンダー。16番は9アンダー変わらず。→17番でパーパットセーブ→18番でパーパットセーブで9アンダーで終了!

・13番で4アンダーのリッキーファウラーは厳しくなってきました。→1アンダーで終了。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

人気記事