【花壇作り】DIYでガーデニング

ガーデニングに良い時期となっていますが、今回はベトンブロックを使用した花壇作りをご案内します。
ベトンブロックはホームセンターの屋外コーナーで100円でお釣りが来る程の単価で様々な色の物が豊富に揃えてあります。

レンガに見せた物もあり、コスパや耐久性も実物より優れております。
下地の火山灰を固めて砂利を敷いてモルタルで固めれば花壇となりガーデニングを楽しめます。



施工前
⬇︎
IMG_5313.JPG

今回は玄関スロープの脇に花壇を新設します。

材料と道具
※モルタルはホームセンターで20Kgで500円から600円前後で購入出来ます。
混ぜ合わせる水の量は包装袋に記載していますので、一度にあまり作り過ぎない程度にバケツに取ってケレンベラや皮すきなどで施工します。
また大きめのゴムハンマーがあれば仕上がりが良くなります。

※黒土はホームセンターで14リットルで300円程ですが、庭の土を利用しても宜しいかと思います。

※化成肥料は今回は苦土石灰入りの高度化成肥料を使用します。
ホームセンターで20Kgで2000円程です。
天然植物活力液「HB-101」を使用すると、
育たなかった果実、枯れてしまった花の数が減り、収穫率がアップ。
栽培のコストパフォーマンスが上がり、
生産者としての喜びもアップします。

⬇︎
IMG_5333.JPG

下地の火山灰を成形して、崩れないように圧をかけます。
⬇︎
IMG_5320.JPG

レベルを合わせて砂利を敷いていきます。
⬇︎
IMG_5329.JPG

いよいよモルタルを練りベトンブロックを敷き詰めていきます。
先ず仮置きをして仕上がり高さを調節します。
⬇︎
IMG_5332.JPG

下地の砂利とベトンブロック裏の接着面双方を水で濡らします。
下地にモルタルを盛り付けます。
⬇︎
IMG_5334.JPG

IMG_5335.JPG

IMG_5338.JPG

IMG_5336.JPG

IMG_5339.JPG

IMG_5341.JPG

ゴムハンマーでレベルを合わせながら圧着します。
⬇︎
IMG_5337.JPG

最後にベトンブロックどうしの隙間がある部分にもモルタルを挿入して出来上がり。
⬇︎
IMG_5344.JPG

IMG_5345.JPG

一両日モルタルが乾くのを待ち、土盛りをして完成。気温や湿度により乾きに差が出るので様子を見ましょう。
⬇︎
IMG_5343.JPG

IMG_5380.JPG

花壇の黒土や化成肥料の仕込み及び花植えは次回アップします。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

人気記事