【転職】成功させる具体的手順とは?過度の仕事ストレスは放置しない

さて、新社会人なら連休明けも研修中の方或いは連休明けから配属先での勤務スタート。
社会人となられて何年か十何年か更に何十年か経過している方でも新年度の転勤や異動や配置換え、又は昇格による環境変化など。

どうしても周囲の環境に馴染めずモチベーションが上がらない、5月の連休明けというのは昭和の時代も平成の今も、現状の仕事環境をつくづく考え込んでしまう時期でもあります。

以前はどんな事が有ろうが無理をしてでも這ってでも出勤し続ける、石の上にも最低三年、サービス残業当たり前、繁忙期に一ヶ月以上無休で連日残業、倒れるぐらいでも買ってでも苦労すべき・・・などの雰囲気はどの業界も職種でも何ら疑問ではなかった時代もありましたが。

しかし例えそのような時代を駆け巡ってきたベテラン社会人であっても、同じように今それを続けている状態に限界を感じるのは何故か?・・・確かに体力が落ちて疲れてきた、という原因もあるかもしれませんが。

ともすると以前とは大きく急激に価値観の違う社会の世相に逆らうことに、経験者すら限界がきている場合が多いとも考えられます

全てとは言いませんが・・・会社や仕事から逃げるという事と自らの危機を回避するのは紙一重。過度の仕事ストレスを無視し続けて溜め込んではいけません。あなた自身が壊れてしまっては元も子もない訳です。

現在でも一つの組織に退職まで勤め上げる方が望ましいとされる傾向の方が強い日本社会ではありますが、しかしそうするかしないかは本人が決めること。
新社会人であっても此処にいると本当にダメだ心身ともに変になる、絶対に合わない或いは他に是非やりたい仕事があるとお考えなら転職も選択肢に入れる必要があります。

〈転職の注意点〉
転職をする際には勿論時期も見定めたいところではありますし、次の採用を決めるにも既に退職後であり雇用保険のブランクが空くと無職の時期が露呈されるなど、出鼻を挫く不安は付き物です。その対処策は後程ご案内します。

また恒例の、出来たら次の行き先を決めてから退職する計画も収入面然り、無職のブランクを作らないという面からも然り大事ではありますが。
しかし、それをするにも限界であるならば心身に異常を来たす前に退職を決断する勇気も今は当然有りかもしれません。それだけブラックな企業や部署も増えているという事です。

勿論、収入や蓄えの問題もありますから転職すべきタイミングか、或いは新しい環境にもう少しで慣れると見込んで、しないべきか悩んで危機的な状況にいる方は休日に落ち着いてよく考えてみましょう。友人や家族に相談するも良しです。

〈求人状況〉
有効求人倍率は回復しており、どちらかと言うと買い手より売り手に有利。またいつもなら採用枠が満たされている企業や業界でも今年は人手不足の傾向にあります。
例えば正社員での採用リミットと言われる35歳を上回っていても即戦力が欲しいという所も増えています。

時期は4月や9月イッピからの採用が多いのが通例ですが、今は5月や6月でも中途採用の求人でなかなか出ない求人がある傾向と言えそうです。

正社員での仕事を探すなら、ネットで転職エージェントや人材派遣会社の紹介予定派遣やキャリア採用部門にアクセスして登録しておけば、今の仕事の勤務時間外にさほど負担にならずに職探しは可能です。
寧ろハローワークにわざわざ出向いてや求人誌などで職探しをするよりもネット媒体の方が多くの企業や、表にあまり出ない魅力的な求人が黙っていても見つかる可能性があります。

ネットで、あなたの個人情報や経歴を登録しておけばマッチングする仕事をエージェント側や企業側から直接、オファーが来ます。
IMG_4688.JPG

〈転職に向けた一歩〉
転職に関わる不安や心配事があるなら仲介してくれるエージェント担当者に相談も出来ますので、先ずは解決させましょう。
転職のプロですからあなたが希望する企業に無事に採用されるような算段を教えてくれます。

お勧めの手順は・・・

①先ずはネットで転職エージェントを検索。

②沢山の転職エージェントなどの中から、あなたが探している業界に強いエージェントを数社選ぶ。例えば外資系企業の仕事に魅力を感じるならキャリアクロスも良いでしょう。

③エージェントのサイト内で個人情報や経歴を登録しましょう。勿論無料です。

④オファーが来るのを待つか、或いは求人案件で気になるものに積極的にネット経由で応募する。※時間や余裕も無いならオファーを待つのも良し

⑤面接の日取りまでステップしたらエージェント担当者から当日に上手くやる情報をキャッチして早速行動。

あなたに良い仕事が見つかることをお祈りします。ご安全に!

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事