【速度超過】取締り!捕まらない?方法

さて盆休み真っ只中、年間通して年末年始 ゴールデンウィーク 盆休みは高速の渋滞予測もさる事ながら、事故に逢わないで或いはキップを切られないで安全に出来るだけスムーズに移動したいというのは誰しも願う事でありますが。

とにかく運転の経験不足や未熟さ或いはイライラなどから危ない運転が目につくのも、こういった時期でもあり、渋滞のイライラを筆頭に色々なストレスを抱えざるを得ないドライバーにとって速度超過、やはりオービスやネズミ捕り覆面というのも大きな心配の種・・・
IMG_6661.JPG

一度でも速度超過で捕まった事のあるドライバーの方が多いという前提での経験談。
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
パトカーの中で「運が悪かったですね〜」とか毎度お馴染みのオーソドックスな「何処に行くところだったんですか?」とか、「急いでたんですか?」とか「どのくらいのスピード違反だったか覚えていますか?」とか、しかしよくよく考えてみると聞き流せない意味が含まれている場合もある訳です。

特に運が悪かったという発言は取締りの根幹を揺るがす意味合いとも取れる、まさに聞き捨てならないものと、お考えのドライバーも多いようですが、あなたは如何感じられるでしょうか?
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
ここだけの話しあなたはタダタダ運が悪かった、当然我々は検挙ノルマに加えて歩合の手当が一件につき数十円つきますから罰金は頂きます。
運が悪かったと思う事です。

というなら運悪く捕まらなければ良いという暗黙の了解らしき話しをパトカーという密室で警察官自らが堂々と発言している訳です。

とにかく運が悪かったと言われても、唖然とするだけですが。
勿論、想定の範囲内の軽微なスピード違反者にしか言っていないとは思われますが。問題発言であると専門家も示唆しております。

〈速度超過で捕まりたくない人の基本の方法おさらい〉

高速ではオービスと覆面の追尾には細心の注意を!
一般道ではプラス30㎞で高速ではプラス40㎞でオービスは作動します(というお話しらしい)。仮に撮影されたら免停は免れません。
IMG_6660.PNG

又まさにカモネギと言われる行為、追い越し車線を延々と走る車に対してはパーキングエリアのランプウェイなどから目をつけて早速追尾します。
他にも意外な場所に隠れて見張っています。
加えてくれぐれも間違って覆面を追い越す事の無いように!捕まらない?というのはほぼ厳しい状況。

スーツの男性2名で乗車しルームミラーが2個上下についている妙な風情の一目瞭然の車を、勢いに任せて追い越すのだけは止めましょうね皆さん。プライバシーガラスで見辛くなっている昨今ではありますが・・・

高価なGPSレーダーを取り付けていても裏切られるドライバーが多いのは実情。気づいた時には既に時遅し・・・減速の猶予全く無しに、瞬時に狙い撃ちの如く速度超過を検知する取締りが増えています。
当然パトカーが対向車でも注意しましょう。

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事