【豪栄道】優勝なるか貴ノ岩と秋場所H29十四日目結果

昨日の振り返り・・・

昨日の十三日目は痛い三敗目に喫した豪栄道は相撲の硬さから平幕に二連敗。三敗で豪栄道で四敗で日馬富士と朝乃山。

十四日目で豪栄道が貴ノ岩に勝ち日馬富士と朝乃山に土が付けば、千秋楽を待たずに豪栄道の優勝が決まります。

注目の対戦内容と結果は・・・

〈十両〉

七勝の照強と五勝の旭大星は、下手投げで照強の勝ち。旭大星の来場所の新入幕はなくなりました。

八勝の阿炎と九勝の安美錦は、引き落として阿炎の勝ち。安美錦は千秋楽に二桁白星として最年長記録の幕内返り咲きを確実にしたいところ。
IMG_6757.JPG

〈幕内前半戦〉

隠岐の海と豪風はともに六勝どうし。左に変化の豪風も、はたき込んで隠岐の海の勝ち。豪風は負け越しが決定。
明日の千秋楽は隠岐の海は佐田の海、豪風は北勝富士。

六勝の千代翔馬と三勝の徳勝龍は、立ち合い合わず。張って踏み止まり突き落として千代翔馬の勝ち。
明日の千秋楽は千代翔馬は豊山、徳勝龍は輝。

四勝の豊山と勝ち越しを決めた宝富士は、呆気なく引き落として宝富士の勝ち。今場所は足が出ない豊山。
明日の千秋楽は宝富士は琴奨菊、豊山は千代翔馬。

七勝の千代の国と勝ち越しを決めた魁聖は、激しく突いて引いて土俵際凌ぎ、突き落として千代の国の勝ち。勝ち越しを決めました。力で圧倒ではなく動きで圧倒。
明日の千秋楽は千代の国は栃煌山、魁聖は荒鷲。

勝ち越しを決めた大翔丸と六勝の勢は、上手を狙う勢も突き落として大翔丸の勝ち。勢いは負け越しが決定。
明日の千秋楽は大翔丸は松鳳山、勢は千代丸。

六勝の逸ノ城と五勝の錦木は、張って右オツから寄り切って逸ノ城の勝ち。
明日の千秋楽は逸ノ城は大栄翔、錦木は栃ノ心。

一勝の佐田の海と四勝の輝は、激しい突き合いも否して寄り切って佐田の海の勝ち。
明日の千秋楽は佐田の海は隠岐の海、輝は徳勝龍。

七勝の松鳳山と勝ち越しを決めた千代丸は、もろ差しから一気に下手投げで松鳳山の勝ち。勝ち越しを決めました。
明日の千秋楽は松鳳山は大翔丸、千代丸は勢。

注目の一番の八勝の阿武咲と九勝の朝乃山は、のど輪から一気に押し出して阿武咲の勝ち。朝乃山は緊張から身体が硬くなったか。
明日の千秋楽は阿武咲は貴ノ岩、朝乃山は千代大龍。
(幕内後半戦は下に続きます)

スポンサーリンク





〈幕内後半戦〉

遠藤と千代大龍はともに勝ち越しを決めています。左のかち上げで、はじいた千代大龍も引き落として遠藤の勝ち。
明日の千秋楽は遠藤は正代、千代大龍は朝乃山。

五勝の北勝富士と二勝の碧山は、もろ手づきから一方的に押し出して北勝富士の勝ち。
明日の千秋楽は北勝富士は豪風、碧山は石浦。

栃ノ心と石浦はともに三勝どうし。左に変わった石浦も、逆転の三年ぶりの珍しい決め手の、はりま投げで栃ノ心の勝ち。
明日の千秋楽は栃ノ心は錦木、石浦は碧山。

大栄翔と琴奨菊はともに勝ち越しを決めています。引いた大栄翔に、がぶり寄りで押し出して琴奨菊の圧勝。まわしを取らないで抱え込んでもガブれる琴奨菊の相撲。
明日の千秋楽は琴奨菊は宝富士、大栄翔は逸ノ城。

玉鷲と正代はともに六勝どうし。否しあいも突き落として玉鷲の勝ち。正代は負け越しが決定。
明日の千秋楽は玉鷲は貴景勝、正代は遠藤。

勝ち越しを決めた貴景勝と五勝の栃煌山は、栃煌山はまだ貴景勝に勝てません。三役力士の意地で踏み込みが良く下から当てがい押し出して栃煌山の勝ち。
明日の千秋楽は栃煌山は千代の国、貴景勝は玉鷲。

荒鷲と嘉風はともに勝ち越しを決めています。荒鷲の手がついておらず二回も立ち合い不成立。
左を差した嘉風に対して土俵際に小手投げの荒鷲に軍配上がるも、物言いがついて体が落ちるのが同時とみて取り直し。
踏み込んで引き落として荒鷲の勝ち。
明日の千秋楽は荒鷲は魁聖、嘉風は御嶽海。

注目の一番の八勝の貴ノ岩と十勝の豪栄道は、豪栄道の手つきが不十分で二度も立ち合い不成立。
非常に危ない引きも、なんとか凌いで貴ノ岩の突き落としを渡し込んで豪栄道の勝ち。熱戦を物語るように豪栄道の大銀杏はかなり乱れました。
明日の千秋楽は豪栄道は日馬富士、貴ノ岩は阿武咲。

七勝の御嶽海と九勝の日馬富士は、
もろ差しの御嶽海も、両上手から押し出して日馬富士の勝ち。
明日の千秋楽は日馬富士は豪栄道、御嶽海は嘉風。

※優勝争いは千秋楽に持ち越し。

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事