【謎】地球の生命誕生のきっかけ隕石落下!地球外生命体も

地球に隕石が落下する事と、どのような場所に落下したかにより、地球の生命誕生のきっかけが奇跡的な確率で作られたかもしれないという研究結果がこの程発表されました。
勿論地球以外のハビタブルゾーンにある太陽系外惑星でも、同じような状況が重なると地球外生命体の誕生となっている可能性も有りそうです。

どのような場所であるかは先ず水のある場所であり、海底という説と小規模な池という説がありましたが今回、小規模な且つ暖かい池がより生命を育んだという説がより濃厚となっています。

地球が出来たのが46億年前、それから生命誕生となるのが8億年が経過してから。
宇宙からの物質を含んだ隕石により生命誕生の起源ともなれば結局、多細胞生物となりその後も進化した人類はまだ700万年というごく短い期間。
しかし、これにより人類も宇宙から隕石と共に運ばれてきた物質を基に派生しているという点が興味深いところ。
IMG_6990.JPG

まさに地球が出来てから生命誕生となる迄の間は10倍前後の高い割合で隕石が地球に落下しておりました。
頻繁に起こる隕石との衝突の中に、小さな暖かい池の中に落ちたことによりDNAの前段階であるリボ核酸RNA分子が生まれます。

今回カナダの大学研究チームで発表された論文の結論は、RNA分子が地球の生命に於ける最初の遺伝情報を構成し始めて、それがあったことにより現在のDNAが後に出てくるとしています。

水が液体で存在する「ハビタブルゾーンの太陽系外惑星」はこの20年程でようやく確認され始めて、ここ数年で新たなものの発見に至る勢いは急上昇中。
それらの太陽系外惑星に、地球と同じように隕石が落下するシチュエーションが伴えば人類以外の地球外生命体のみならず地球外知的生命体へと進化していく過程は充分に可能と言える訳です。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

人気記事