お刺身とお造りの違いとは?

忘年会シーズン、近海物の刺身を食べる機会も増えますが。
お刺身とお造りというと一見、同じ料理を指す言葉ですが、あえて言うなら違いはあるのでしょうか。

お刺身とは、生の魚肉などを薄く切って食べる料理。魚肉以外にも馬刺しなどがあります。
またお造りとは、刺身や作り身のこと。
IMG_7232.PNG

このようにお刺身とお造りは、辞書を引いて調べると、同意語とも取れる訳ですが、それでは一般的に日本料理店などで、その違いを示すのであれば、何が違うのか。

〈地域による違い〉
江戸時代から魚の切り身を生食する文化が広まりますが、武家社会が故に関東では切り身の「切る」という表現が好ましくないので変化させてお刺身、また関西では更に「刺す」という表現が好ましくないので変化させてお造りと言われ始めた経緯があります。

〈料理や盛り方による違い〉
時代を経るに従い、地域によるお刺身とお造りという区別よりも、むしろ料理や盛り方による区別が定着してきました。

お刺身とは、魚以外にも前述の馬や牛、コンニャクを薄くスライスしたものを指します。
一方のお造りは、生の魚貝に特化しており、尾頭付きの魚や飾りの貝殻を入れ物に利用した貝を、刻んだ舟盛りと言った高級なものを指します。



共通点は生の新鮮な食品の切り身ということになります。
また料理店のお品書きにお造り、とだけ記載されている場合はお刺身と全く同じ意味である場合が多いです。

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事