【AI】未来の職業へ転職と失われる職業

人工知能AIの普及など、技術革新により様々な職業が失われると危惧されるなか、希望を持てそうな調査結果が出てきました。

既存の職業に於いて今後も失われないで残ると予測されているものと、そうではないと予測されるものは前述しましたが、今回は今迄に無かった未来の職業についてのもの。
仮に失われる職業が多くなるとしても、新しく産まれる職業の方が多いとする見通しがあるので、職に溢れる不安を感じざるを得ない場合でも、転職などに向けて準備をしていくことも可能となります。
IMG_7274.PNG

ポイントは会社組織に属するのが普通とも言えなくなり、起業までとはならなくても、自営やフリーランスという形から派生していく働き方が、今迄よりも増える傾向もあるかもしれません。
会社組織の事務所などのハード面のウエイトが減り在宅勤務が多くなったり、更には会社組織そのものに所属しない方が効率的になっていく職業が、少数派ではなくなる可能性も。

〈未来の職業〉
既存の職業を失わせる側面を持ち合わせるAIであっても、創造して保守を行うのは人間なので、先ず筆頭に挙がるのはAI事業開発の分野。

まだ情報の殆どない予測される未来の職業名のみを以下に示すと・・・

AI事業開発責任者
AI支援医療技師
人間と機械の協働責任者
エッジコンピューティング専門家
BYO ITファシリテーター
ES責任者
サイバー都市アナリスト
量子機械学習アナリスト
財務健全性コーチ
最高信用責任者CTO
デジタル仕立屋
ゲノム ポートフォリオ ディレクター
フィットネス コミットメント カウンセラー
散歩・会話の相手

ハイウェイ制御官
個人情報ブローカー
個人記憶キュレーター
遺伝子多様性責任者
拡張現実旅行構築者
仮装店舗シェルパ

この記事へのコメント

スポンサーリンク
東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

人気記事