ソーセージの種類と特徴と製造法

西欧では12世紀から13世紀迄にはソーセージが作られ始めて、畜産農家がメーカーを兼ねる形に。
メインの豚肉の他に、魚肉のものからレバーなど内臓系のものまで、原料は同じ加工肉のハムより種類があります。

またハムと同様に冷凍保存は、凍結により細胞破壊を起こすので、食感と風味が変わってしまいます。

〈ソーセージの種類と特徴〉
ウインナーソーセージ
詰め込むケーシングとなる外側の皮にに、詰める肉は豚でも羊の腸を使用したりソーセージ本体の直径が20ミリメートル未満の細いソーセージを指します。
小さいサイズなので、様々な料理に使う定番のソーセージ。

フランクフルトソーセージ
ケーシングに豚の腸を使用したり、太さが20ミリメートル以上で36ミリメートル未満の比較的太めなソーセージ。串刺しにして祭りの露店で焼かれる定番メニュー。
IMG_7407.PNG

ボロニアソーセージ
ケーシングに牛の腸を使用したり、太さが36ミリメートル以上の最も太いソーセージ。ソーセージというよりはハムのような感覚。

サラミ
ドライソーセージとも言い、長時間ドライ(乾燥)熟成したもの。粗挽きした肉に豚脂を加えてから腸に詰めます。他のソーセージと違い、燻煙と加熱をしません。おつまみで、そのまま頂くかピザのトッピングにしたり。

〈ソーセージの製造法〉
❶肉の整形を行なう
❷肉ひきをする
❸味付けと混合をする
❹腸に詰める
❺乾燥と燻煙と加熱を行なう
❻冷却する

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事