栃ノ心の大関昇進【夏場所】四日目 速報

夏場所2018の四日目が終わり、勝ちっ放しは大関取りがかかる栃ノ心、安定してきた逸ノ城、正代、白鵬の四力士に絞られました。

三日目まで無敗だった鶴竜は、立ち遅れて引いてしまい、松鳳山に押し倒されて負けとなり連勝がストップ。

白鵬は魁聖との一番は危なげなく、連勝を維持して、序盤のぎこちない相撲が安定してきました。

《栃ノ心の大関昇進》
栃ノ心は二桁白星、十番か十一番で来場所の大関昇進がかかりますが、優勝争いの勢いとなって四日目まで負け無し。注目の御嶽海との一番でも相手に、全く相撲を取らせずに寄り切って圧勝。
IMG_8741.JPG

明日の五日目、栃ノ心は魁聖との一番。今後は両横綱との対決を制して、大関取りとなるか。

この記事へのコメント

スポンサーリンク

人気記事